月間アクセス数ランキング(7月)

月が改まり8月となったので、先月のアクセス数をチェックすることに。前回(7/3)と同様、今月も当ブログ「THE ORIGIN」の人気記事TOP15を掲載してみる。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。


まずは当ブログ「THE ORIGIN」の7月実績から。
アクセス数の多かったページを上から順に10件並べてみたのがこちら。なお、トップページやカテゴリーページのアクセス数がダントツなのは明らかなため、ランキングから除外した。

1.これが私立大学の給与明細だ! 2,590PV
2.早稲田大学が10月に中途採用を予告してるので当然準備は今からしておくべき件 539PV
3.もしも関西外国語大学の新卒採用に応募するなら、こんなESを書いてみたい(第2回) 498PV
4.私立大学の給与規程はこんな感じになっている ~麻布大学の事例から~ 429PV
5.大学職員の一日 412PV
6.もしも関西外国語大学の新卒採用に応募するなら、こんなESを書いてみたい(第1回) 411PV
7.国立大学って役職ごとに給与の差が大きいんだなぁと思った件 352PV
8.選考リポート(大阪市立大学) 349PV
9.MARCH内の序列に関する最近の動向は、けっこう明暗がクッキリしていた件 341PV
10.早慶の独走っぷりが半端ないけど他の私立大学は大丈夫か? 295PV

第1位のこれが私立大学の給与明細だ!は、2位以下のPVを4倍も突き放してぶっちぎり。ネタ元の「キャリコネ」は読み物としても面白いのでぜひどうぞ。
第2位の早稲田大学が10月に中途採用を予告してるので当然準備は今からしておくべき件は、やはり早稲田大学の中途採用(10月)への関心の高さがうかがえる。まだ募集開始まで時間があるので、土日やシルバーウィークなどを利用して、入念な準備を行っていってほしい。
第3位にはもしも関西外国語大学の新卒採用に応募するなら、こんなESを書いてみたい(第2回)がランクイン。現役職員の視点から応募書類を作成するとどうなるのかという試みだったが、わりとご覧いただけたようでホッとした。第4回(最終回)がまだ手付かずなので、けじめとして夏の間には公開にこぎつけたい。
第4位の私立大学の給与規程はこんな感じになっている ~麻布大学の事例から~は、麻布大学の規程を事例として私立大学の給与規程を解説したもの。給与関係の情報なので、やはり関心は高めかと。
第8位の選考リポート(大阪市立大学)は、新卒リポーター制度で提供いただいた選考リポートの第1弾。来年以降の新卒生のため、少しでも情報を収集していきたいので乞うご期待。
なお、新卒リポーターは現在も募集中ですので、詳しくは《こちら》まで。
という感じでつらつら書きつつ、次回もよろしくお願いします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn