カテゴリー別アーカイブ: 待遇・雇用条件

早稲田大学40歳モデル賃金、日本最高峰私学の待遇に驚いた

先日、ある転職情報サイトに「【管理職(課長級)】総合職 ※女性積極採用中」という見出しが掲載されておりました。求人元は言わずと知れた私学の雄、早稲田大学です。
早稲田大学は例年4月と10月に既卒者採用を行っているため、今年もそんな時期かと求人条件をななめ読みしていたところ、給与の項目に眼が釘付けになりました。

wase1

40歳課長級のモデル月給が589,750円。一律手当が含まれるとのことなので、管理職手当のほか、通勤・住居・扶養手当などが含まれているということでしょう。
ボーナス実績は公開されておりませんが、おそらく6ヶ月前後だとして、額面年収で1000万円を少し上回るであろう給与水準です。
なお、年収1000万クラスの給与所得者においては、所得税・住民税と社会保険料で額面金額からの控除も大きいため、実際の手取りは45万程度になると思われます。

早稲田大学の給与水準を比較的に考察するため、国立大学といくつかの私立大学について、ネットで情報を拾ってみました。

まず、国立大学については下記のサイトを参照しました。
国立大学職員日記
4.国立大学事務職員の出世上位グループの昇給パターン
http://blog.goo.ne.jp/la_old_september/e/59bae2435e9afc4aab24e7d55dbce49b

国立大学の場合、昇給と昇格はかなり密接な関係にあり、出世しなければ給与も上がらないシステムになっています。国立大学のプロパー職員が40歳で課長に昇格することは極めて稀なケースかと思われますので、早稲田大学のモデル賃金と単純比較はできません。
参考まで、上記のサイトによれば、40歳給与は327,7000円とのことでした。この金額に諸手当を加えたとしても、額面で40万円には届かないでしょう。手取りは30万円を割り込むと思われます。

一方で私立大学については、最も信ぴょう性が高いのは給与規程を公開している麻布大学です。

学校法人麻布獣医学園給与規程
http://www.azabu-u.ac.jp/information/reiki_int/reiki_honbun/w0390032001.html

麻布大学の事務職員の賃金テーブル(俸給表)は、11級32号俸から構成されており、同規程の別表第6により大卒新人は2級2号俸からスタートします。また、給与規程運用に関する規則によると、課長職は7級以上と定められています。
前出の俸給表によれば、課長職7級の給与は1号俸284,300円から22号俸440,700円までとなっています。そして、給与規程別表第8に定められる昇格基準に従い最短で出世した場合、40歳課長職ならば7級8号俸354,100円あたりの賃金になるのではないかと推測します。(もっとも、国立大学ほどではないにしろ、私立大学においても40歳で課長に昇格済みであれば、かなりのスピード出世と言えます)
また、課長手当が3万円となっているため、上記に諸手当を加えれば額面月給で40万円を少し超える金額になるでしょう。
早稲田大学と比較すると、額面月給で15万円以上の差があり、ボーナス6.0ヶ月として年収で270万円以上の差となります。生涯年収では1億近い差になるかもしれません。

また、詳しいデータはありませんが、各大学が事務職員を公募する際に掲載していたモデル賃金を記録しておきましたので、そのうちの幾つかを抜粋します。
東京経済大学や関西大学は給与水準の高い大学ですが、それでも40歳課長職の給与は額面で50万円前後(諸手当込み)ではないでしょうか。

宮城学院大学(40歳月収):375400円
東京経済大学(33歳月収):337600円
関西大学(31歳月収):328300円
神戸女学院(35歳年収):650万円
岩手医科大学(36歳年収):660万円

上記の比較からも明らかなとおり、早稲田大学の給与水準は業界内で群を抜いています。金融や商社などの最大手クラス(30歳前後で年収1000万を超える)との比較では見劣りするものの、定年65歳で、おそらく50歳以降も細々と昇給が続くであろうことを踏まえると、長い目では負けるとも劣らない待遇であると思われます(もっとも、大手企業には社宅制度など額面以外の待遇もありますが)。

今回の早稲田大学による管理職募集にどのような人材が集まるのでしょう。モデル賃金公開の意図からすると、外資系金融や難関資格職あたりを狙っているのかもしれません。また、そうした人々が、大学という独特な組織の中で活躍することができるのか、という点にも興味があります。

大学職員の待遇・雇用条件(まとめ)

大学職員の待遇・雇用条件についての記事まとめです。
今後も順次追加していきます。

私立大学事務職員の給与に関する近年の事情
https://shokuinblog.com/staff/terms/191/

私立大学の給与規程はこんな感じになっている ~麻布大学の事例から~
https://shokuinblog.com/staff/terms/248/

国立大学って役職ごとに給与の差が大きいんだなぁと思った件
https://shokuinblog.com/staff/terms/240/

首都圏大学における派遣賃金が急降下中
https://shokuinblog.com/staff/terms/220/

これが私立大学の給与明細だ!現役職員による職場レポート
https://shokuinblog.com/staff/terms/254/

ゴールデンウィークに考える休暇のこと云々
https://shokuinblog.com/staff/terms/182/

続。ゴールデンウィークに考える休暇のこと云々
https://shokuinblog.com/staff/terms/185/

大学職員の雇用条件《実労働時間》
https://shokuinblog.com/staff/terms/208/

大学職員の有給消化率についてマジすかと驚愕
https://shokuinblog.com/staff/terms/262/

大学職員の有給休暇取得状況について読者の方からのコメント
https://shokuinblog.com/staff/terms/357/

立命館の福利厚生がすごいなと思った
https://shokuinblog.com/staff/terms/184/

関東学院がホワイト企業をアピール中
https://shokuinblog.com/staff/terms/221/

オープン公募より非公開求人を勧める2つの理由
https://shokuinblog.com/news/225/

大学職員の雇用条件《実労働時間》

就職活動や転職活動をする際、労働者としての立場で非常に重要なのが始業・終業時刻及び実労働時間です。9時始業・18時終業という就業条件ならば、そこから昼休み1時間を引いた8時間を実労働時間となります。
ちなみに労働基準法では週40時間を超える労働が禁じられており、週5日で割り算すると1日あたり8時間。すなわち、9時始業・18時終業というのは、法令上のギリギリラインと言えます。
そこで今回のテーマは大学職員の実労働時間。各大学が定めている始業・終業時刻から、実労働時間をリサーチしてみましたのでご紹介します。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。

続きを読む

国立大学職員の給与に関する考察

私立大学職員の給与については組合資料を元ネタに先日触れたところ。名の知られた大学においても、給与の差は小さくないことが確認された。一方で、国立大学で勤務する職員の給与はどのような仕組みになっているのか、それが本日のお題。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。

続きを読む

大学職員の有給休暇取得状況について読者の方からのコメント

当ブログにて大学職員の有給休暇取得状況に関するデータを調査(「大学職員の有給消化率についてマジすかと驚愕」)したところ、大学により差がかなり大きいものの、有休取得率が8割を超える大手私大の存在が浮上した。
一方で、調査に使用したデータは口コミによる匿名情報源がベースのため、信憑性については現職の方の反応を待ちたいという気持ちがあった。というのも、自身の勤務校の有給休暇取得率は、多くの職員が20~30%、かなり有休を取得している人でも50%くらいがせいぜいではないかという実感があったから。
今回、上記のエントリーに関して、現役職員の方からコメントをいただいたので、そのご紹介が本日のテーマ。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。

続きを読む