月別アーカイブ: 2015年8月

2匹目のドジョウを狙う!近畿大学の国際学部が面白そうなことになっている

「柳の下のドジョウ」という諺にあるように、柳の下でドジョウが釣れたからといって同じことが2度も3度もあるわけではない。
しかし、少子化問題でお尻に火がついた大学業界では、秋田の国際教養大学に続けとばかり、国際系学部の新設で『2匹目のドジョウ』を狙おうとする大学が後を絶たないのだ。
本日の話題は、明と暗が分かれそうな2大学の国際系学部について。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。
続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

受験生に激震!来年からトップ大学の難化は必至か?

7月10日、文部科学省と日本私立学校振興・共済事業団(以下、私学事業団)は連名で、私立大学に通知(「平成28年度以降の定員管理に係る私立大学等経常費補助金の取扱について」)を発した。
補助金不交付の基準となる入学定員超過率を引き下げるという内容で、大規模大学への学生の集中を解消し、地方及び小規模大学へと学生を分散させるのが狙いだ。
これにより特に入学定員超過が常態化している一部の私立大学は合格者数を絞ることが予想され、結果として合格ラインの難化が必死の状況となっており、そのあたりが本日の話題。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。 続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

大学職員の有給休暇取得状況について読者の方からのコメント

当ブログにて大学職員の有給休暇取得状況に関するデータを調査(「大学職員の有給消化率についてマジすかと驚愕」)したところ、大学により差がかなり大きいものの、有休取得率が8割を超える大手私大の存在が浮上した。
一方で、調査に使用したデータは口コミによる匿名情報源がベースのため、信憑性については現職の方の反応を待ちたいという気持ちがあった。というのも、自身の勤務校の有給休暇取得率は、多くの職員が20~30%、かなり有休を取得している人でも50%くらいがせいぜいではないかという実感があったから。
今回、上記のエントリーに関して、現役職員の方からコメントをいただいたので、そのご紹介が本日のテーマ。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。

続きを読む

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

お盆休み中にブログをリニューアルしております

2015年5月に「大学職員公募情報」を別サイトに移転し、当ブログでは大学事務職員の採用や大学業界に関する情報を中心に掲載してきたけれども、お盆休みを利用して、こちらのブログもリニューアルしております。
ゼロから自前で構築するので手間ですが、なんとかお盆明けには新サイトをご案内したいなと。URLも新規に取得する予定なので、その際はブックマークへの登録もお願いします。
▼作成段階ですがシンプルなものにしようと思ってます。
sokoga0811.png
せっかくの夏休みまでパソコンに向き合っていてよいのだろうかと思いますが、サイトを1つ立ち上げようと思うと、まとまった時間が必要なもので。。。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn