女子学生のための優良企業ランキング

いつものように大学プレスセンターのサイトでネタ探しをしていたところ、昭和女子大学が「女子学生のための優良企業ランキング」というキャッチーな発表をしていたのでご紹介。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。


今回のネタ元はこちら。
大学プレスセンター
http://www.u-presscenter.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=8129

では早速、ランキング結果を見てみることにしよう。
以下は大学プレスセンターの記事から抜粋。

【調査結果】
●タイプ1:ワークライフバランスとフレキシブルワークで“いきいきキャリアウーマン” ― チャレンジ志向の女子学生にお勧め ―
1.証券・保険・金融業=明治安田生命保険、T&Dホールディングス、第一生命保険、オリックス、SMBC日興証券(5社)
2.電気機器業=ソニー、NEC、コニカミノルタ、東芝、富士通(5社)
●タイプ2:バリバリ仕事したい! ― “バリキャリ追求”の女子学生にお勧め ―
1.証券・保険・金融業=クレディセゾン、日本生命保険、東京海上ホールディングス、朝日生命保険、大和証券グループ本社、SBIホールディングス(6社)
2.電気機器業=シスメックス、日立製作所、富士ゼロックス、TDK(4社)
●タイプ3:出産・育児を越えて就業継続 ― ワークライフバランス重視のしっかり女子にお勧めの3社 ―
1.証券・保険・金融業=三菱UFJニコス、住友生命保険、野村ホールディングス(3社)
2.電気機器業=セイコーエプソン、横河電機、三菱電機、リコー、日本信号(5社)


さて、こちらのランキングを拝見して所感を何点かあげてみたい。まず、当然と言えば当然のことだけど、ランキング上位には大手企業が並ぶ。「女子学生は大手企業に入社しなさい」と言っているようなもの。
さらに、こちらのランキングは企業アンケートの結果を単純にソートしただけのものと思われ、ワークライフバランスについては、順位の差ほど実態に違いは無いと考えられる。1位と5位の違いより、配属部署や上司による違いの方が大きいかと。
あと、身も蓋もないことだけど、ワークライフバランスや女性の昇進機会を優先したいなら、企業よりも公務員や大学業界を選んだ方が幸せになれるだろう。
という感じでつらつら書きつつ、次回もよろしくお願いします。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn