関東学院がホワイト企業をアピール中

ブログ読者の方から関東学院が新卒採用を始めたよとのメールをいただいたため、同校の採用ページを見てみたところ、思わぬところに目が釘づけになってしまったw 何に驚いたかはタイトルのとおり。例によってご関心があれば続きをお読みあれ。


ネタ元はこちら。関東学院大学の新卒採用サイト。
下記URLのページの中段に、ホワイト情報が掲載されている。
http://www.kanto-gakuin.ac.jp/?p=3338

専任職員データ
3年以内離職率(12年度新卒) 0%、平均勤続年数20年以上
育児休業取得率(女性)100%、女性の役職者比率(係長以上)38.3%


おそらく採用終了後にURLが削除されてしまうと思われるので、念のため画像をキャプチャ。
kg1.png
3年以内離職率が0%というのは、おそらく一流で厚遇なキラキラ企業でも難しいかと。「若者はなぜ3年で辞めるのか? 」という本がそこそこ売れるほど、若者の短期間での離職は常態化している。必ずしも労働環境がブラックだからというわけではなく、企業文化に染まることを是としない若者が増えたのも一因かと。自身の周囲でも、エーッそんな理由で辞めるの的な事例をいくつか見聞した。
あと、この業界では珍しくもないことだけど、平均勤続年数20年以上というのも、安心感を求める層にはキャッチーな数字かも。転職者の多い業界なので、新卒採用の職員に絞れば、平均勤続年数は30年を超えると思われる。
女性の活躍について、育休取得率100%というのは、休暇後に復帰できる仕事や支援体制が確保されているということ。そうでなければ怖くて育児休暇など取れやしない。最近は男性社員にも育休を取らせる企業が出てきたけど、つい20年前までは、「女性は結婚したら肩たたき」という文化が大手企業にもあった。
女性の役職者比率38.3%について、係長が役職者と呼べるかは別として、管理職に女性が多いのも大学業界ならではのこと。自身の勤務校では課長以上でも3割程度は女性だと思われ、職員全体の男女比とほぼ同じ。私生活を捨てずにバリキャリしたい女性にはおすすめかも。
という感じでつらつら書きつつ、次回もよろしくお願いします。
[お知らせ]大学職員公募情報は下記URLに移転しました
http://daigaku.shokuin.com/

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn